リュイールホット

大人の悩み

性交痛の治し方|性行為の痛いを緩和する対策とは?痛みを軽減する方法

更新日:

異性と交わるのは、悪いこと。そんな概念をもって育ってしまった大人は多いかもしれません。周りの大人からしたら、大事にしているあまりに出た言葉なのでしょう。

ですがそんな概念から、いざ性交となった時に罪悪感を感じ、痛みを感じてしまうことがあるようです。

リュイールホット

性交痛の治し方|罪悪感をもってしまう場合

性交痛と一言で言っても、精神的なものから、男性のものが入りずらいことによる痛みなど。その原因は多岐に及ぶのではないでしょうか。

まず性交痛を感じる原因が精神的なものである場合は、子供のころから厳格な両親に育てられ、男性と交わるは悪いことと感じ、嫌悪感を抱くようになってしまった。

そんな方は多いのではないでしょうか。親からしたら大事な娘を傷つけたくないという一心からの言動であったかもしれません。

異性と交わること、それは子供を作るためだけでなく、お互いの愛情を確かめ合うという意味もあるのではないでしょうか。

ですが厳格であるが故、異性と交わること=子供を作ること、という観念にとらわれ、愛情を確かめ合うという大事なことが抜け落ちてしまっているかもしれません。

もちろん誰とでも愛情を確かめ合うためにするものではないでしょうが、この人、と思った人と気持ちを確かめ合うためのものでもあるでしょう。

 

 

性行為の痛いを緩和する対策とは?

性行為が痛い、そんな女性は意外と多いものかもしれません。痛い原因として代表的なものは、潤い不足からくる、皮膚の摩擦。

潤滑剤がないところに無理になにかを入れようとしても、摩擦が多く入りません。それが人間の皮膚であればなおのこと、痛みを感じるのは当然のことではないでしょうか。

男性のものが入る際にはある程度、女性側も潤っていることが必須。ですがこの潤い、男女に様々な誤解を与えていることでもあるようです。

 

「濡れないのは誰のせい?」

女性が濡れないのは、女性が感じていないから?それとも、男性のテクニック不足のせい?

それはどちらもNOです。女性が濡れるか濡れないかというのは、体質によるもの。少し感じただけで濡れやすい女性も入れば、すごく感じているのに、濡れない、濡れにくいという女性も。

濡れやすい女性は、濡れない悩みを持つことはないかもしれませんが、濡れにくい女性からしたら、濡れないことから、行為に消極的になってしまったり、男性からしても自分のことを責めてしまうことにもなりかねません。

そんな体質によるものを悩んでも仕方ないので、それを補う潤滑ローションを使用するのも一つの手ではないでしょうか。

 

女性の痛みを軽減する方法

自分が濡れないのは、自分が感じていないから?私がおかしい?と悩んでしまっている女性、多いようです。

男性からの何気ない一言で傷ついてしまう女性もいらっしゃるかも。ですが濡れないのは、体質の違いであって、欠点ではありません。

頭痛がしたら頭痛薬を飲むように、お悩みに応じた対応をしてやることで解決することもあります。

このページでは、多くの女性が男性との行為の前に行ったことで、その後の行為が満足いくものになったという商品を紹介します。

リュイールホット男性と行為を行う前に、塗り込んでおくだけで、感覚が敏感になり濡れやすくなるというもの。 濡れている女性を見て、すごく喜んでくれたという男性もたくさんいるようです。

濡れにくい自分が悪いの?と責める前に、試してほしいです。

 

まとめ

『性交痛の治し方|性行為の痛いを緩和する対策とは?痛みを軽減する方法』としてまとめてきました。

女性が濡れる、濡れない問題。それが、人の関係を良くない方向へ進めてしまうことのないよう、それぞれの体質を見極めたうえで必要なものを補って楽しんでほしいと思います。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

エンドインフォ

-大人の悩み
-, , , , , , , , ,

Copyright© 大人の保健室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.